鉄や異素材を使ったカーテンレール

 

鉄や異素材を組み合わせた、個性の強いカーテンレールは、床や壁になじませるよりも、インテリアのアクセントとしてとらえたほうが、その持ち味をひきたてることが出来ます。なので、カーテンに合わせるつもりで選ぶといいでしょう。この場合は、カーテンを替える際、カーテンレールとの相性も考慮する手間が必要ですが、より装飾的なインテリアをつくることが出来ます。

 

カーテンレールの大手メーカーのヨコタさんは、こうした個性の強いデザインのカーテンレールを10年以上前から販売していますが、当初はごく少量しか売れていないようでした。それでもカタログにも載せたところ、人気がでてきて、今や予想を上回る人気です。インテリアコーディネートに対する関心が、以前よりもはるかに高くなってきている証拠でしょう。高額な輸入品も人気があり、カーテンレールもインテリアの一部としてお金をかける人が増えてきています。

 

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ

お問い合わせ

Copyright © キッチンの選び方。失敗しないキッチンづくり。 All Rights Reserved.